【AJCC 2022】断然人気オーソクレースを脅かす不気味な存在

AJCC 今週の競馬予想

中山競馬場で開催される芝重賞レース。先日開催された日経新春杯は昨年のクラシックを常に好走してきたステラヴェローチェが2着、そして昨年ダービー後、秋を休養に充て、見事復活を果たしたヨーホーレイクが1着と、4歳馬の独壇場となり、まさに今の競馬界の勢力図を表しているかの様であった。

同レースについて、そんな強い4歳世代がここにも数頭登録している。まず、前走菊花賞2着であったオーソクレース。

同馬については、まだ5戦しかしておらずポテンシャルは未知数である。前々走長期休養明けで出走となった朝日セントライト記念では明らかに出来が悪く、レース運びもスムーズじゃない中、3着に入り、前走菊花賞では、タイトルホルダーが悠々と逃げて勝利する中、地力で2着に入るなどどんな状況でも力を発揮することが強みとも考えられる。

同馬の父はエピファネイアで、母親のマリアライトはエリザベス女王杯、宝塚記念の勝者でタフな馬場を得意としていただけに

冬の中山の舞台も問題なくこなせるであろう。また、前々走の朝日セントライト記念と比べ、状態は上向きでの出走となる可能性が高いことから、ここで崩れることは考えにくい。

むしろ同馬は春以降の古馬GⅠ戦線をどの様に歩むつもりなのか、注視したいところだ。次に紹介する有力馬は、こちらも4歳馬アサマノイタズラである。

名前が面白いこともあり、割とメジャーな競走馬であるが、能力にも特徴があり、中山芝を得意としている。3歳時には、スプリングS、朝日セントライト記念といずれも中山芝で開催された重賞レースを勝利し、GⅠではやや力不足もここでは軽視出来ない存在である。

朝日セントライト記念でも同レース1人気が想定されるオーソクレース、春のGⅠ戦線でも主役級の1頭になるだろうソーヴァリアント相手に勝利し、中山芝は正に十八番の舞台となっている。

ただし、同馬は前走有馬記念大敗からのダメージは残っているのか、また後ろからの競馬となるので最終的な出走メンバーを見てレース展開から取捨ての判断をした方が良いだろう。

中山芝2200mについて、外回りコースのためにカーブは緩やかで、内回りと若干必要な要素は異なってくるが、内回り同様スタンド前の直線が短いため、向こう正面下り坂からロングスパートをかける騎手も多く、スタミナは要求され、冬場の時計が掛かる馬場なら尚更である。

血統面では、昔から同コースならステイゴールド産駒が注目されてきたが、時代は進み産駒が少なくなっている中、ここで1頭登録しているクレッシェンドラヴに注目したい。中山芝は4勝と得意としており、長期休み明けとなるが人気を落とすことが想定され、穴馬として面白い存在になる。斤量も56キロ想定と前走58キロをより軽くなることもプラスに捉えたい。

同レースも有力な4歳馬が登録しているだけに、今後GⅠ戦線を楽しみにしているのであれば、見逃してはならない。

的中データラボ 的中率が高い競馬予想サイトランキング
万馬券ホース
万馬券ホース

手堅く万馬券を獲りに行くスタイルで的中率をとにかく重視していき、ここぞというところで勝負を仕掛ける競馬予想サイト「万馬券ホース」。
予想の安定力、情報の精度には定評があり、荻原の見解は競馬の玄人を唸らせるものがある。初心者から玄人まで利用されている予想サイトです。

大川慶次郎
大川慶次郎

競馬の神様「大川慶次郎」の予想メソッドを引き継いだ競馬予想の老舗サイト。
半世紀にわたり蓄積されたデータ・傾向を駆使し、現代の血統学を加味。そして多くのブレーンによる情報収集能力は折り紙付き。
無料予想は必見の価値あり。

UMA NAVI
UMA NAVI

競馬のライトユーザーからプロまで使うスマフォ特化型の競馬予想サイト。数あるファクターから対象レースに必要な情報を引き出し、指数を導き出す。
現場担当班がリアルな情報を収集し指数と照合。無料予想の実績は高いです。

的中競馬STATION
的中競馬STATION

競馬の予想の精度はもちろんのこと、的中している馬券の画像も配信してくれます。予想が的中すれば購入画面のスクショ、馬券の写真を提出すると様々な特典があります。
中央競馬はもちろんのこと交流戦や海外競馬の情報まで網羅しておりコアな競馬ファンにおススメ。

今週の競馬予想
的中データラボ
競馬女子ひさえ

競馬予想の的中データラボです。毎週の重賞の推奨馬をアップしていきますので競馬予想の参考にして頂ければと思います。

コメント投稿・twitterのフォローもお願いします。記事がよければシェアお願いします。

競馬女子ひさえをフォローする
競馬女子ひさえをフォローする
的中データラボ |競馬予想 –血統、調教、データ

コメント

タイトルとURLをコピーしました