【シンザン記念】ロードカナロア産駒の最高傑作?ショウナンアメリアに注目。

今週の競馬予想

シンザン記念の予想動画

的中データラボの見解

中京競馬場で開催される3歳限定重賞レース。今年も昨年に続き、京都競馬場が改修工事のため、中京競馬場での開催となる同レース。昨年はスプリンターズSの勝者ピクシーナイトが勝利したレースで過去多くの一流馬が出走している。

その中でも注目したい内容はここで好走した牝馬は3歳牝馬クラシックで活躍する可能性が高いことだ。2018年同レース優勝した国内GⅠ最多勝利数を記録したアーモンドアイ、2016年同レース2着のジュエラーは桜花賞で優勝、そして、2012年優勝馬ジェンティルドンナは牝馬クラシック3冠にJC、有馬記念など主要GⅠレースを総なめした。

いくら仕上りの早い牝馬とは言え、ここで堂々と牡馬と渡り合えることは並みじゃないことが証明されている。さて、今年は先に挙げたレジェンドたちに肩を並べられる牝馬は登録しているのか、見ていきたい。まず、今年優勝最有力と言われているのが、牝馬のラスールである。前走新馬戦上り最速をマークし、2着に0.6秒差をつける余裕の勝利と大器の片鱗を魅せた。

メンバーが弱かったのかと言うと、そうでもなく、3,4着馬が次走で未勝利戦クリアしたことからも否定は出来るだろう。そして、同馬牡馬でこの世代で一番強いとも評されているイクイノックスと同じキタサンブラック産駒で、兄弟には重賞馬シャケトラなど優秀な競走馬が多く存在することから将来も期待できる逸材だ。

また、鞍上のルメール騎手が、新馬戦後のコメントで「新しいグランアレグリア」と最大限の誉め言葉を使ったことから、ここの舞台も向いてそうだ。そんなニューグランアレグリアに挑む有力馬は、牡馬の意地をみせてほしいレッドベルアームである。前走イクイノックス相手に敗北を喫してしまったが、新馬戦時にはホープフルS優勝馬キラーアビリティなど降し、ポテンシャルは高いことは間違いないだろう。

同馬血統も優秀で兄弟にはレッドベルジュール、レッドベルオーブなど重賞馬たちがいる。血に恥じぬ活躍が出来る様に、ここで立て直しを図りたいところだ。

中京芝1600mについて、コーナーポケットからスタートするため、内枠の方がポジションは取りやすい。また、向こう正面から下り坂になるため、スピードはつきやすく、スタンド前長い直線と急坂があるため、若馬には厳しいタフさが求められるコースとなっている。

血統面では、ロードカナロア産駒が馬券内率、単複回収率共に高く、その中でもロードカテドラル(除外になった為、ショウナンアメリアに変更)に注目したい。実績は中山芝しかないので、人気はないだろうが、スピードもあり、母系からもタフさが要求されるレースには強いだろう。後は、内よりの枠を引ければ面白い存在となるだろう。

今年は、牝馬含め中々有望なメンバーが揃っている、将来名馬になるであろう競走馬たちの伝説の始まりを見逃してはならない。

的中データラボ 的中率が高い競馬予想サイトランキング
万馬券ホース
万馬券ホース

手堅く万馬券を獲りに行くスタイルで的中率をとにかく重視していき、ここぞというところで勝負を仕掛ける競馬予想サイト「万馬券ホース」。
予想の安定力、情報の精度には定評があり、荻原の見解は競馬の玄人を唸らせるものがある。初心者から玄人まで利用されている予想サイトです。

大川慶次郎
大川慶次郎

競馬の神様「大川慶次郎」の予想メソッドを引き継いだ競馬予想の老舗サイト。
半世紀にわたり蓄積されたデータ・傾向を駆使し、現代の血統学を加味。そして多くのブレーンによる情報収集能力は折り紙付き。
無料予想は必見の価値あり。

UMA NAVI
UMA NAVI

競馬のライトユーザーからプロまで使うスマフォ特化型の競馬予想サイト。数あるファクターから対象レースに必要な情報を引き出し、指数を導き出す。
現場担当班がリアルな情報を収集し指数と照合。無料予想の実績は高いです。

的中競馬STATION
的中競馬STATION

競馬の予想の精度はもちろんのこと、的中している馬券の画像も配信してくれます。予想が的中すれば購入画面のスクショ、馬券の写真を提出すると様々な特典があります。
中央競馬はもちろんのこと交流戦や海外競馬の情報まで網羅しておりコアな競馬ファンにおススメ。

今週の競馬予想
的中データラボ
競馬女子ひさえ

競馬予想の的中データラボです。毎週の重賞の推奨馬をアップしていきますので競馬予想の参考にして頂ければと思います。

コメント投稿・twitterのフォローもお願いします。記事がよければシェアお願いします。

競馬女子ひさえをフォローする
競馬女子ひさえをフォローする
的中データラボ |競馬予想 –血統、調教、データ

コメント

タイトルとURLをコピーしました