福島競馬場の特徴や予想、レース結果

福島競馬場 各競馬場の特徴

福島競馬場の特徴や予想、レース結果といった情報はこちらでまとめていきます。

福島県福島市にある競馬場。

住所 〒960-8114 福島県福島市松浪町9−23

JRAの中では、東北地方に唯一ある競馬場です。
場内に遊具がたくさんありますので、お子さんは遊具で1日遊び、お父さんは馬券を買って1日楽しむことができます。
親子でも充実した1日を楽しむことができる競馬場ですね。
福島競馬場にはなんと、ドライブスルー投票所があるんです。
車でさっと行き馬券を買う。
ハンバーガーを買うように、馬券を気軽に買えるということは、非常に魅力的ですね。

福島競馬場の特徴

福島競馬場

福島競馬場は、右回りで行われます。
ゴール板過ぎから2コーナー付近までなだらかな下り坂が続き、その後、向正面で上り坂があります。
そして、残り400m付近までは平坦になり、その後、残り170m付近にかけて再びゆるやかな下り坂になります。
残り170m付近から残り50m付近までは、高低差1.2mの上り坂を駆け上がってゴールになります。
平坦のイメージがある福島競馬場ですが、意外とでこぼことした形状になっているんですね。

芝コースの一周距離は1600m、幅員は最大で27m、直線の距離は292mです。
ダートコースの一周距離は1444.6m、幅員は最大で25m、直線の距離は295.7mです。

芝の一周距離1600mは、JRAの競馬場の中で最も小さいです。
最も小さいということは、逃げ先行脚質の馬が有利という印象を受けますが、開催前半を除けばよく差しが決まるという印象があります。
3〜4コーナーはスパイラルカーブになっていて、スピードが落ちない形状になっています。
そのため、後方脚質の馬にも出番があるのかもしれません。

1929年6月8日、全頭落馬による不成立レースがありました。
これは、過去の日本競馬の歴史の中で唯一となる珍事件でした。
1931年の開催では、日本で初めての複勝式馬券を発売し、1999年の開催ではワイド(拡大馬連)の先行発売があり、2006年開催では馬単、3連複の先行発売がありました。
新しい投票方法が全国で導入される前に、福島競馬場で試されるということが多かったんですね。

芝1200m

このコースは、バーデンバーデンカップ(op)が行われる舞台となっています。
スタート地点は、2コーナーです。
スタートしてから最初のコーナーまでの距離が長いので、枠順による有利不利は少ないです。
開催前半は、逃げ先行脚質の馬が有利です。
しかし、開催が進むにつれて内側の馬場はかなり荒れやすくなります。
内側が荒れてくると内側を避けて、外ラチ付近を通る馬が出てくることもあります。
こうなってくると、後方脚質の馬にも出番が回ってきます。
特に最終週は、外々を回った後方脚質の馬しか上位に来れないような時もあるぐらいの馬場になることもあるので、傾向をよくチェックしておくと良いでしょう。

芝1800m

このコースは、G3・福島牝馬ステークスG3・ラジオNIKKEI賞が行われる舞台となっています。
スタート地点は、スタンド前でコースを一周します。
スタートしてから最初のコーナーまでが短く、隊列はすぐに決まりやすいでしょう。
中距離のレースになると1〜2コーナーでペースが落ちやすいですが、福島の芝1800mは1〜2コーナーでもペースが落ちにくく、淡々とペースが刻まれることが多いです。
比較的、逃げ先行脚質の馬が有利です。
重賞になると、人気薄の逃げ馬が残ることがあるため注意が必要でしょう。
枠順による成績の差は少ないですが、3〜6枠の馬が比較的良い成績をあげています。

芝2000m

このコースはG3・福島記念G3・七夕賞が行われる舞台となっています。
スタート地点は、4コーナーでコースを一周します。
スタートしてから最初のコーナーまでの距離が長いため、先行争いは激しくなりがちです。
その後もペースが緩むことはあまりなく、早いペースで淡々と進むことが多いです。
ですが、最後の直線が短いためか逃げ先行脚質の馬が好成績をあげています。
開催後半になってくるとマクリが決まることが多くなってきます。
後方脚質の馬は、自ら動ける器用さがある馬でないと、好成績をあげにくいでしょう。
持続力のある馬や早いペースを淡々と刻むことが得意な馬が好成績をあげやすいでしょう。
枠順による有利不利は少ないです。

芝2600m

このコースは、重賞などの大きなレースは組まれてなく、下級条件を中心に行われる舞台となっています。
スタート地点は、向正面でコースを一周半します。
コーナーが6回もあるため、先行脚質の馬が有利です。
逃げ馬の成績は、あまり良くないようです。
長距離戦に加えて馬場が荒れやすいので、かなりスタミナがある馬でないと厳しいでしょう。
良馬場のレースのときでも、道悪実績がある馬が好走することが多いようです。
コース取りや仕掛けのタイミングなど騎手の腕が問われるコースとなっています。
1〜3番人気の馬が好成績をあげています。

ダート1150m

このコースは、下級条件を中心に行われる舞台となっています。
ダート1150mという距離は、JRAの競馬場の中では福島競馬場だけ行われる舞台となっています。
スタート地点は、2コーナーのポケットで、芝スタートとなっています。
ダートを走る馬は、芝スタートに慣れていないことが多いです。
そのため、スタートで滑ってしまい、出遅れて流れに乗れず、後方のまま負けてしまうこともあるため、スタートには注意が必要です。
スタートしてから、残り400m付近まで上り坂が続くためか、上がりがかかりやすい舞台となっています。
そのため、ある程度差し込んでくることもできますが、やはり、逃げ先行脚質の馬が好成績をあげています。
外枠の馬が好成績をあげているようです。

ダート1700m

このコースは、福島民友カップ(op)が行われる舞台となっています。
スタート地点は、4コーナー過ぎでコースを一周します。
スタートしてから、最初のコーナーまでが長いため、前半はペースが速くなることが多いです。
向正面から残り400m付近まで上り坂が続くため、ダート1150mの舞台同様に上がりがかかることが多いです。
上がりがかかった方が持ち味を活かせる馬が狙い目でしょう。
逃げ先行脚質の馬が好成績をあげています。
後方脚質の馬は、直線一気は難しいので、マクれる器用さがある馬が狙い目でしょう。
小回りコースなので、内枠有利と思いがちですが、この舞台は意外と8枠の成績が良いようです。

ダート2400m

このコースは、1勝クラスのみ行われない舞台となっています。
スタート地点は、向正面でコースを一周半します。
コーナーが6回あることと長距離戦のため、スローペースになりやすいです。
しかし、2周目向正面からペースが早くなることが多く、ロングスパート合戦になることが多いです。
上がりがかかりやすい舞台に加え、ロングスパート合戦になるので、かなり上がりはかかるでしょう。
スタミナ豊富なバテない馬を狙うのが良いでしょう。
逃げ馬の成績はあまり良くなく、先行脚質の馬が好成績をあげています。
2、3枠の成績が良いようです。

的中データラボ 的中率が高い競馬予想サイトランキング
万馬券ホース
万馬券ホース

手堅く万馬券を獲りに行くスタイルで的中率をとにかく重視していき、ここぞというところで勝負を仕掛ける競馬予想サイト「万馬券ホース」。
予想の安定力、情報の精度には定評があり、荻原の見解は競馬の玄人を唸らせるものがある。初心者から玄人まで利用されている予想サイトです。

大川慶次郎
大川慶次郎

競馬の神様「大川慶次郎」の予想メソッドを引き継いだ競馬予想の老舗サイト。
半世紀にわたり蓄積されたデータ・傾向を駆使し、現代の血統学を加味。そして多くのブレーンによる情報収集能力は折り紙付き。
無料予想は必見の価値あり。

UMA NAVI
UMA NAVI

競馬のライトユーザーからプロまで使うスマフォ特化型の競馬予想サイト。数あるファクターから対象レースに必要な情報を引き出し、指数を導き出す。
現場担当班がリアルな情報を収集し指数と照合。無料予想の実績は高いです。

的中競馬STATION
的中競馬STATION

競馬の予想の精度はもちろんのこと、的中している馬券の画像も配信してくれます。予想が的中すれば購入画面のスクショ、馬券の写真を提出すると様々な特典があります。
中央競馬はもちろんのこと交流戦や海外競馬の情報まで網羅しておりコアな競馬ファンにおススメ。

各競馬場の特徴
的中データラボ
競馬女子ひさえ

競馬予想の的中データラボです。毎週の重賞の推奨馬をアップしていきますので競馬予想の参考にして頂ければと思います。

コメント投稿・twitterのフォローもお願いします。記事がよければシェアお願いします。

競馬女子ひさえをフォローする
競馬女子ひさえをフォローする
的中データラボ |競馬予想 –血統、調教、データ

コメント

タイトルとURLをコピーしました