【バレッティに注目】マーチステークス2022は波乱度高め!注目馬を紹介

バレッティ 今週の競馬予想
banner_manbaken-horse

中山競馬場で開催されるハンデ戦ダート重賞レース。同レースは、兎にも角にも1番人気の信頼度が低く、過去10年間で1勝2着1回、3着1回の3頭しか馬券に絡んでいない。記憶に新しいところで、昨年の単勝オッズ1倍台であった1人気アメリカンシードの大敗は衝撃であった。

前走中山で開催されたアレキサンドライトSで5馬身差の完勝と誰もが重賞初制覇に期待を寄せた。しかし、同レースでは得意の逃げは披露出来ず、二桁着順に沈んでしまった。ハナを切れないだけでここまで脆いものなのかと思うかもしれないが、同レースは実は4歳馬が弱く、過去10年間5,6歳馬で計8勝と場数を踏んだ競走馬が強いことが特徴として出ている。

アメリカンシードもこの時4歳馬で、ダート戦は3戦しかしていなかった、脆さが出ても仕方のない話ではある。さて、今年はどんな中山巧者、ベテラン勢が集まっているか注目したい。まず1人気が想定されるのはオメガレインボーか、前走根岸Sダート1400mからのチャレンジとなるが、短距離ではややスピード不足故に距離延長は歓迎材料である。そして昨年のマーチSでは4着と馬券内まであと一歩の所まで詰めたことから今年もチャンスは十分あるだろう。近走では重賞戦馬券内常連馬なだけに安定した走りが期待でき、馬券購入者にとっては安心して購入できる1頭だ。

しかし忘れてはならない、1人気がデータ的に悪いことを。実は同馬、昨年のマーチSが初の中山ダート1800m戦で、しかもこの時最後方からの競馬で展開もハマった故、今回絶対の信頼には置けないのである。次に人気になりそうな競走馬は、中山ダート百戦錬磨アナザートゥル―スか。中山ダート1800mは既に5勝と、かなり得意としている。また、中山だけに止まらず、昨年のチャンピオンズCでは3着と一流馬相手に引けを取らない活躍を見せている。

前走地方交流戦はいかにも休み明けの走りで凡走に終わったが、間違いなく調子は上に上がってくるだろう。前走から想定以上に人気が落ちるものなら、買いであろう。

中山ダート1800mについて、アップダウンの激しいスタミナが消耗されるダートコースである。また、スタンド前直線が短く、先行勢が有利で後方の競走馬たちは向こう正面からロングスパートを仕掛けることも多く、ここでもスタミナが要求される要因となっている。

血統面ではキングカメハメハ産駒が馬券内率、単複回収率が高く、ここではバレッティに注目したい。中山ダート1800mは2勝だが、馬券内に入ることが多く、前走2桁着順も勝ち馬とは0.6秒差と大敗したわけではない。過去成績を見るとわかるが外枠での成績が良く、砂を被りにくい枠に入れば一発も狙えるだろう。
自分が本命を打った競走馬が走るかどうか、いつもより入念にチェックした方が良さそうだ。

banner_keiba-station
的中データラボ 的中率が高い競馬予想サイトランキング
万馬券ホース
万馬券ホース

手堅く万馬券を獲りに行くスタイルで的中率をとにかく重視していき、ここぞというところで勝負を仕掛ける競馬予想サイト「万馬券ホース」。
予想の安定力、情報の精度には定評があり、荻原の見解は競馬の玄人を唸らせるものがある。初心者から玄人まで利用されている予想サイトです。

大川慶次郎
大川慶次郎

競馬の神様「大川慶次郎」の予想メソッドを引き継いだ競馬予想の老舗サイト。
半世紀にわたり蓄積されたデータ・傾向を駆使し、現代の血統学を加味。そして多くのブレーンによる情報収集能力は折り紙付き。
無料予想は必見の価値あり。

UMA NAVI
UMA NAVI

競馬のライトユーザーからプロまで使うスマフォ特化型の競馬予想サイト。数あるファクターから対象レースに必要な情報を引き出し、指数を導き出す。
現場担当班がリアルな情報を収集し指数と照合。無料予想の実績は高いです。

的中競馬STATION
的中競馬STATION

競馬の予想の精度はもちろんのこと、的中している馬券の画像も配信してくれます。予想が的中すれば購入画面のスクショ、馬券の写真を提出すると様々な特典があります。
中央競馬はもちろんのこと交流戦や海外競馬の情報まで網羅しておりコアな競馬ファンにおススメ。

今週の競馬予想
的中データラボ
競馬女子ひさえ

競馬予想の的中データラボです。毎週の重賞の推奨馬をアップしていきますので競馬予想の参考にして頂ければと思います。

コメント投稿・twitterのフォローもお願いします。記事がよければシェアお願いします。

競馬女子ひさえをフォローする
競馬女子ひさえをフォローする
的中データラボ |競馬予想 –血統、調教、データ

コメント

タイトルとURLをコピーしました